MAGURONESIAとは

【自社ブランド「MAGURONESIA/マグロネシア」を立ち上げた背景】

なぜインドネシアのマグロなのか

FTI JAPAN株式会社(以下、FTI JAPAN)のオリジナルブランド「MAGURONESIA/マグロネシア」とは、インドネシア海域の水揚げで獲られた天然・生・無添加のマグロを示しています。日本とインドネシアによる、「世界発展していく世界規模のマグロ諸島」の意味を込めた造語です。(ネシア=諸島)

マルク州の一人当たりGDP|出典 Badan Pusat Statistik

現在、インドネシア漁労従事者は、残念なことに低所得者の分類にはいっています。FTI JAPANが取り扱うマグロの輸入先の一つ、マルク州では一人当たりGDPが1日500円以下*1での暮らしを強いられているのが現状です。

出典:Badan Pusat Statistik Per Capita Gross Regional Domestic Product at Current Market Prices by Province, 2010-2017 (Thousand Rupiahs) (バダン統計センター 1人当たりの地域内総生産、地域別市場価格、2010〜2017(https://www.bps.go.id/)より、2017年マルク州統計データを0.00776円/ルピアにて換算

インドネシアの豊富な水産資源のある海域で漁業ができるのにも関わらず、所得をあげることが困難な状況になっています。その主な理由として、

①漁業技術が未発展、鮮度維持技術が発展途上。
②魚の加工技術、目利き技術に乏しく、で出荷している。
③コールドチェーンが確立されていないことが原因で充分な冷仕込みができず新鮮なマグロの状態で出荷することができない。

上記の理由から、結果として安く買い叩かれてしまうというのが現状です。

【仕入れ先にインドネシアを選んだ理由】

インドネシア人口は2億人を超えた将来経済大国になる可能性が高い、海に囲まれた国で水産資源が非常に豊富であるためです。然しながら天然資源は豊富ではあるが、具体的な資源管理を行うことができていないのが現状です。結果として資源管理を行わないことで枯渇してしまい、将来に渡って天然マグロを食べることができなくなってしまいます。

資源が豊富なのに、知識や技術、設備がないという理由で高品質な商品ができない。それなのであれば、我々が「技術、教育、インフラ整備」を提供することで、問題を解決したい。そういう思いで事業に取り組んでいます。

【MAGURONESIA/マグロネシアとSDGs】

「MAGRONESIA/マグロネシア」を立ち上げたFTI JAPANは、「持続可能な開発目標:SDGs」を具体的な取り組みとして事業を行っています。

*FTI JAPANは2010年7月創業、2013年よりインドネシアで水産開発事業を行うため市場調査に取り掛かり、インドネシア産天然キハダマグロを2015年より日本への輸出を開始、直近での出荷量の実績は300トン/年(2019年6月見込み)

「MAGURONESIA/マグロネシア」ブランドを介した主な取り組みは

「1:貧困をなくそう」現地漁民へ貢献するフェア・トレード
「4:質の高い教育をみんなに」日本IT企業の教育ツールを用いた技術指導
「14:海の豊かさを守ろう」水産資源管理を徹底した水揚げ
「17:パートナーシップで目標を達成しよう」国営水産企業との良好なパートナーシップ

皆さまにお届している天然キハダマグロはこのような取り組みの中で商品化されました。「MAGRONESIA/マグロネシア」のマグロを食べていただくことで、社会貢献に直接的にかかわることができます。

「MAGURONESIA/マグロネシア」MDシールを貼付した商品写真イメージ

「MAGURONESIA/マグロネシア」のマグロには、小さな船に乗って手釣りで獲られたマグロです。日帰り漁が大半を占めておりますので、鮮度は抜群です。

表記しているブランドロゴのデザインは、日本とインドネシアの国旗をベースにこれから昇っていく様子を表現しています。

【MAGURONESIA/マグロネシアのマグロは何が違うのか】

美味しいマグロと言っても、味の違いや歯ざわりなどはとても説明が難しいものです。FTI JAPANもお客様にその違いを説明する時はとても苦労してきました。赤身よりはトロの方が良い、インドネシアよりは日本近海の方が良いと思われてしまうかもしれません。

FTI JAPANが自信を持ってお届けするマグロは他のマグロとどのように違うのかここで解説いたします。

生鮮マグロのFTI JAPANが取り扱うマグロをにぎると、写真の左のにぎりのように肉の繊維の模様がはっきりとして、包丁を入れた部分の模様は視覚からも美味しさが味わえるお寿司が出来上がります。

スーパーで販売されている冷凍マグロや、生食用と書かれているパックの裏に魚介類加工品と記載のあるマグロと比べると味も見た目も違います。

FTI JAPANのキハダマグロの楽しみ方の違いは、深い赤のしっとりとした身が様々な調理方法と合うことです。燻製にすればマグロ生ハムなどマニアックな楽しみ方もありますが、まずは、シンプルに皮に近い身は脂の乗った濃厚な美味しさ、引き締まった赤身はいくらでも食べられそうなプリッとした歯ごたえです。

漬けにしても弾力が残るほどのしっかりした身の歯ごたえと、漬け特有のねっとりした奥深い味わいを楽しめ、日本の醤油と抜群の相性です。最後に筋身をタタキにして、巻物にしたら磯の香りと筋身のあとを引く美味しさが口の中に広がります。

味わい深いマグロでも、部位によって多くの楽しみ方があります。赤身はアミノ酸が豊富で、適切に温度管理をしながら熟成させると、味が増し脂身とは違う濃厚な風味になります。

FTI JAPANは、赤道直下のインドネシアの栄養豊富な海域で育ったマグロを徹底した衛生管理・温度管理で届けています。マグロは冷凍してしまうと、細胞から水分が抜け白っぽくなります。FTI JAPANの生鮮マグロは、肉の繊維がしっかりしているので、漬けにすれば光が屈折せず透き通り、透明感のあるにぎりが出来上がります。いかがでしょうか。“違い”の説明が難しいマグロですが、「MAGURONESIA/マグロネシア」のマグロの“違い”を少しずつお客様に伝えていきたいと思います。

PAGE TOP