soeasy buddy導入についての記事が業界紙(水産タイムス)に掲載

2019年2月に、弊社がインドネシアのビトン地域で導入したsoeasy buddyについて、水産タイムスに取り上げられました。

以前は、弊社の日本人スタッフがインドネシアの現地スタッフにマグロの加工・管理の指導をしていましたが、言語や文化の壁は高く、その解決策として動画でノウハウを共有するSNSとしてsoeasy buddyを導入しました。

現在は、soeasy buddy導入により、スマートフォンを使った衛生管理を実践しています。

関連記事一覧

  1. 勇気ある経営大賞
  2. 2018年度「国際化促進インターンシップ事業」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP